瀬戸内海に浮かぶアート島 犬島の魅力

  • 体験
ウラレベル

アートで知られる
瀬戸内海の小さな島には、
知られていない
ウラの魅力がいっぱい!

赤迫さんの画像

案内人在本さん

犬島生まれで犬島をこよなく愛するパワフルおばちゃん。島の情報を発信したり、島内の案内を通して来島者に犬島の魅力を伝えている。

岡山市東部、宝伝の沖約3㎞に浮かぶ小さな島。
岡山市で唯一の有人島である犬島は、銅の精錬所を再生した美術館や、
島の各地にアート作品が点在する瀬戸内海のアートの島として注目を集めています。
https://benesse-artsite.jp/art/seirensho.html
前から1度行ってみたいと思っていた犬島。念願叶い、案内人の在本さんと島を散策してきました。
今回は地元の人ならではの知られざる犬島の魅力をご紹介します。

早速、集合場所で顔合わせをした在本さん。
「今日はよろしくね~」と朗らかな雰囲気で、かなりおしゃべり好きなナイスレディ。
本島側の出発港である宝伝港で船を待っている間に、
「あら、在本さん久しぶり」とか「今日はどしたんなら」と会う人会う人に声をかけられています。
顔が広すぎる…。さすが島の有名人です!

盛り上がる一方の井戸端会議に、笑顔で佇むことしばらく。
待ちに待った船の出港時間となり、船内へ。
船に乗るってそれだけで旅行気分が味わえてテンションあがりますね。
約10分ほど波に揺られ、精錬所の煙突が象徴的な犬島に到着。

島に着いた最初の印象が、本当に静か。
車も走ってなく、人口35人ほどということもあり、生活音が一切聞こえてきません。
本当に人が住んでいるんだろうか…ってくらい静かなのですが、
島の内部へ進んでいくと、第一島人発見!
と思ったら、「在本さ~ん!」と手を振ってくる女性。

本当にみんなに愛されてますね~!

島の道中で目に付くのが大きな石。

海にも。

民家にも。

わんこまで! さすが「犬」島!

今でこそアートの島という印象がついている犬島ですが、
実は「石の島」と呼ばれていたそうで、古くから石業を生業にしていたそう。
島が最も活気にあふれていた明治時代には、たくさんの石職人や船乗りたちが訪れ、
全国から評判だった犬島の石は、大阪城や江戸城の石垣などにも使われているんですって。

ほえ~って感動してたら、「ちょっと来てみて」と在本さん。
「犬島の石はね、サビの成分が入ってるから濡れると色が変わるんよ」とのこと。
早速水を垂らしてみます。

こちらがBEFORE。

そしてAFTER。

確かに、白っぽい石がかなり茶色になりますね。
島の各所には、石垣が美しい家が立ち並んでいますが、
濡れると色が変わる石垣たちを見るべく、
雨の日に島を散策するのも楽しそうですね。

後半開始!と、意気揚々と歩き始めたら、いきなり巨大な犬が。
思わず「うわっ!」って声を出しちゃいました。いや、実物見たら絶対驚くよ、ほんとに。

めっちゃでかいのよ、これ。高さ3mもあるみたい。

近づいてみると分かりますが、一枚一枚小さなタイルを組み合わせて作られてます。
それぞれ文字やアートが描かれていて、なんでも2万枚もの陶板タイルを使い、
2年の歳月をかけて作られたそう。「犬島の島犬」という作品らしいですが、まさに島の番犬。

遠くから振り返ってみると、まだこっちを見ている感じがします。
上目使いがめっちゃかわいい。なんとも後ろ髪を引かれる思いに…。

島の番犬を振り切って進んでいくと、今なお稼働している採石場を発見。
しかし、これだけたくさん石を切り出すってすごいですね。
限度はないんかな?

そんな思いを抱きながら島内を歩いていると、「あちこち池が多いでしょ」と在本さん。
確かに、言われてみればあちこちに大きな池があります。
ブラックバス狙えそうなポイントだなぁと内心思っていると、
「実はあれ、もともとは採石場だった場所なんよ」と衝撃の事実が。
もともと犬島には高い山がちらほらあったそうですが、石を採るために山が削られ、
地中深くまで掘られた穴に水が溜まり、数々の池が誕生したそう。

「…山が池になるって、どんだけ削ったん!?」

そんな歴史を知ると、島ののどかな風景も見え方が変わってきますね。
歴史を知るって、こういう感覚が楽しいですよね。
石を見ると、「これと同じ石が大阪城で使われとるんか~」となでたくなったり、
池を見ると、地形を変えてしまうほどの人類の営みに圧倒されたり。


島にはほかにも見所が満載。

キャンプ場や、

海水浴場

そして随所で目にするアート作品。

着いたときは静かな島だなって思ったけど、あちこちめぐればいろんな発見があるし、
知れば知るほど島の魅力にどんどん惹かれます。
島をぐるりと回っても1時間半ほど。
冒険気分を味わいつつ、ぜひくまなく島をめぐってみてほしいですね。

Google map
犬島

犬島

住所 〒704-8153 岡山県岡山市東区犬島
電話番号
公式サイト 岡山市公式サイト
交通アクセス 岡山ブルーライン西大寺ICから宝伝港まで約20分、
宝伝港から船約10分
駐車場 宝伝港に駐車場有り
備考 宝伝港からのアクセス
あけぼの丸:086-947-0912